職場の人間関係で悩む時間は無駄です

職場の人間関係で悩む人がたくさんいます。そんな相談に対して、こう考えて耐えてみよう、がんばってみようみたいなアドバイスがありますが、それは無駄な費用を使いたくない経済界の罠です。

職場の人間関係で悩む時間は無駄です

もし仕事で悩むなら、本来は仕事の困難さや攻略の難しさで悩むべきです。

仕事自体ではない部分で悩んで、仕事に注力できない、仕事を楽しめないなんて、時間と能力のムダ使いです。

仕事に注力するのでなく、職場の人間関係を改善することが仕事ですか?

20代、30代のあなたは、そんな時間のムダ使いをしている余裕はありません。

20代、30代は、どんどん仕事のスキルや経験を上乗せして、職能のレベルを上げて、より高給、よく上のランクを目指すキャリアアップの段階です。

職場の人間関係を改善させたいのは経済界の都合です

職場の人間関係で悩んでいる人がいたら、「こう考えてみるといいよ」、「こう対処するといいよ」みたいなアドバイスを受けることがあるかもしれません。

そんなアドバイスは、
”あなた側に問題があって、あなたが対処しないといけない話ですか?”
ってことです。

違いますよね?

もし、あなたの側に問題があると決めつけたアドバイスを言う友達がいたら、友達関係を断捨離したいところですね。

そういうアドバイスは退職してほしくないから出てくるものです。

あなたの都合を考えてのアドバイスでなく、職場の都合を考えたアドバイスです。

人ひとりを雇うためには、おおよそでその人の月収の1カ月から3月ぶんの費用がかかります。引継ぎや教育にだれかの労力が割かれることにもなります。

経済界(会社)はそんな利益が減る経費を支払いたくないから転職しそうな人を思いとどまらせたいのです。

悩んでいる暇があったらさっさと転職しよう

時間は有限です。

仕事の時間は仕事に使いましょう。

人間関係を今の職場で悩んだり、改善したりするよりも、もしあなたの側に改善する余地があるのであれば、次の新しい職場で実践すればよいのです。

さっさと転職活動をして、次の新しい職場で気分よく働きましょう。

肉親や家族ではない人間関係は、断捨離できます。

同じ理由で3回転職が続いたら職種を見直してみよう

同じ人間関係の理由による転職が3回続いたら、さすがに問題があります。

働き方や職種が天職でない可能性があります。

40代、50代になってから「天職でなかった!」と気付くのではさすがに遅いので、20代、30代でそれに気付けたのなら、あなたはラッキーです。

転職をサポートしてくれる会社では、「適職診断」っていうのをやっています。

いくつかある質問に答えていくと、あなたのタイプや、強みや弱み、あなたが本領を発揮できる仕事、向いている仕事を知る手がかりが得られます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です