【厳選3選】転職希望者が読むべき本

退職しよう、転職しようと思ったときに読むべき本を三冊厳選して紹介します。

辞める前に読んでください。悩みの種類次第では辞めることが正解ではないときもあります。

辞めてしまったあとなら、人生を左右する転職をより有利にする方法を学んでください。

転職する前に読むべき本「転職の思考法」

Amazonで見てみる

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

書籍「転職の思考法」は、転職にまつわるQ&Aがわかる本として評判がいいんです。

「転職する前に読みたかった」「大切な人に推薦したい」「新社会人も読むべき」などのレビューが挙がっています。

まず会社と職種の特徴を知り、悩みや迷いを解決して納得がいく転職をするために読むべき本に仕上がっています。

幸せな転職を数多く見てきた人だからこそわかる転職成功の秘訣

Amazonで見てみる

トップコンサルタントが教える本気の転職パーフェクトガイド

書籍「本気の転職パーフェクトガイド」は、2000人以上の転職に関わってきた転職のコンサルタントだから知っているノウハウが書籍化されました。

書類選考や面接で通る人と通らない人の差がどこにあるのか。募集している企業側がなぜ募集しているのか、どんな人を求めているのか、本音からみえるニーズを満たして成功する方法を説いています。

就職の過去問を知っている人の知識をうまく活用したいですね。

面接官の質問の意図を正しく理解して就職面接を突破する方法

Amazonで見てみる

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

「採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する」は、就職や転職の書類選考を突破したら読むべき本です。

面接で出される質問には意図があります。

質問の意図(意味)を正しく理解して回答できるか、意図をわからず回答してしまうかで、ほかの転職者との差が出ます。

「もし不採用だったら、どうしますか?」、
「転職を決意したのは、なぜですか?」
などは、選考する上の意図があって質問されています。

それらの質問の意図とねらいを知っておけば、採用側の企業が本当に知りたい答えを言うことが出来ます。

転職面接で企業の本音を正しく理解して、効果的に自己PRを行なう回答ための本です。

こちらの記事もオススメです
【就活本 オススメ】絶対に役立つ就活本ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です