採用テストとして圧倒的なシェアを誇る「SPI」

社会に出てからも、テストは続くよどこまでも。

社会人になってから受けるテストの代表格といえば、資格試験、TOEIC、そして採用テスト。
採用テストに一番多く採り入れられているのが、SPI(Synthetic Personality Inventory:適性検査)です。
中途採用時に、履歴書や職務経歴書から浮かび上がりにくい、適正や一般常識を調べるためSPIを用いる場合があります。

テストの内容自体は、難易度が高いというわけではありませんが、たくさんの問題が出ます。

応募者が多数いる場合、採用テストの結果次第で足切りされてしまい、面接に進むことが出来ないこともあり得ます。

そうならないために、SPIの慣れや対策をしておいたほうが得策です。

そこで役に立つのが、SPI対策の書籍です。

今は、SPI3になっていますので、SPI3の対策本を一冊買いましょう。
書籍を購入したら、一度だけでなく、何度か繰り返しましょう。
中学生や高校生のときに、一冊の参考書を何度も繰り返し勉強したときと同じ要領です。

健闘を祈ります。

以上、適性検査のSPIについて書きました。

関連記事

新卒採用基準 面接官はここを見ている

あらゆる企業が注目する「5つの基準」

採用への近道は、企業が求めている「基準」を正しく知ることにある言っても過言ではないだろう。 企業が

記事を読む

就職面接は自分を見つめ直すよい機会

就職面接は自分を見つめ直すよい機会になる 就職や就活の面接は、自分や家族、環境を見つめ直すよい機会

記事を読む

就職面接は自分を見つめ直すよい機会

就職面接は自分を見つめ直すよい機会になる 就職や就活の面接は、自分や

失礼だと思う連絡手段はLINE

日本ビジネスメール協会が実施した「ビジネスメール実態調査2015」によ

新卒採用基準 面接官はここを見ている
あらゆる企業が注目する「5つの基準」

採用への近道は、企業が求めている「基準」を正しく知ることにある言っても

はじめての転職ガイド 必ず成功する転職

今回は、転職よみものを紹介します。 マイナビ転職2017オフィシャル

履歴書に書ける英語の勉強

英語の資格や検定試験にはいくつかの種類があります。 日本人に一番有名

→もっと見る

PAGE TOP ↑